50年後・・・。【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

築30年くらいの木造の物件の解体価格が上がりつつあります。なぜなら、使っている材料が近代的になって、木、プラスチック、アルミ、石膏などの複合体になっていて、分別に時間がかかってしまうからです。

そろそろ、新築するときに、解体をすることまで考慮した、50年先を見越した設計をする時代がきても良いと思うけどなぁ~。

2018年11月12日

いろんな接続線。【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

解体する物件に接続されている引き込み線には、電気の線、電話の線、ケーブルテレビの線、インターネットの線、等々たくさんありますが、一番厄介なのが、テレビの共同アンテナの線です。この線だけはどこが管理しているのが分かりにくく、また、昔に引き込まれたケースが多いので、お施主さんも忘れてしまっているケースが多いです。

共同アンテナの引き込みがある場合は、お父さんなどに聞いて、どこが管理している線なのか確かめていただければ助かります。

2018年11月5日

解体中にもし・・・。【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

解体工事中に隣の家を傷付けた場合はどうなるの?って質問をされることがあります。

大丈夫です。フクブルは第三者賠償責任保険に入ってますので、きちんと補修させていただきます。

でも、全ての解体業者さんが保険に入っているかどうかは分かりません。その辺は発注前に要チェックかも。

2018年10月29日

トラックの大きさについて【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

解体工事の廃材を運ぶダンプカーには4種類の大きさがあります。大きい方から10t車、4t車、2t車、軽トラです。

解体の標準的な価格は、4t車での運搬をベースに見積もりしています。なので、10t車が入る物件は安くなるし、軽トラしか入らない物件は割高になります。

ちなみに、4t車が入る物件とは、前面の道路幅が約4mほどある物件です。

2018年10月22日

風が強い時は。【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

解体工事で一番厄介な日は、風のある日です。

解体工事は、高所での作業もありますし、解体物件の周りには養生シートを張り巡らしています。これが風を受けると非常に危険です。

なにより、ほこりが風に飛ばされて、ご近所に迷惑がかかります。なので、雨がふっていなくても、風の強い日には現場が止まることもあります。ご了承下さい。

2018年10月15日

天候について【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

建物の地上部分を解体するのには、雨の日が向いています。雨がほこりを抑えてくれるし、騒音も広がりにくいからです。しかし、基礎の撤去の段階になると雨は大敵です。

地盤がぬかるんでしまい、整地さえできなくなってしまいます。そんな日は現場をお休みさせてもらいます。

2018年10月9日

建物面積について【徳島 家屋・建物解体(家こわし)工事のフクブル】

解体工事の見積もりの建物面積と、登記簿上の建物面積がずれる場合があります。

通常見積もりの面積の方が大きいです。それは、見積もり時に建物の外周を測るからです。

一方、登記簿上の面積は建物の柱芯で測っています。なので、建物の大きさに違いが出てくるわけです。

2018年10月1日