新工法の開発

フクブルは現在、次世代のビル解体工法『スパイダーロボ工法』(特許出願中)の開発に取り組んでいます。
『スパイダーロボ工法』とは、現在非常に解体困難である狭隘地に建つビルを解体する工法です。
クレーン等を使わずに、自機のみでビルの上まで吊り上がることのできる特殊な重機を使った工法で、
このアイデアは、平成26年度ものづくり補助事業で採択されました。

  

スパイダーロボ工法

スパイダーロボ工法

表彰されました。

平成28年10月27日、アスティとくしまで行われたチャレンジメッセ2016にて、この重機が発明工夫展発明協会会長賞を受賞しました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-03-18-11-00  %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-03-18-11-59%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-03-18-11-34

重機の製作2

平成28年9月30日、一通り組み上がりました。

後は微調整です。

dscn3789 dscn3788